bouitのブログ › 腕時計型カメラは鮮明に映像記録できる

腕時計型カメラは鮮明に映像記録できる

2017年12月06日

隠しカメラでの証拠写真や動画が決定的な証拠となるのです。また、最近はストーカーやDV等の証拠に小型カメラが大活躍するのです。盗難防止」には「隠しカメラ」はまったく効果ありません。法的にも「不法に隠し撮りされた映像は証拠能力が無い」とされています。


動体検知機能の付いた隠しカメラでバッテリーや容量を節約する必要があります。機能豊富なモデルではなく、初心者でも取り扱いが簡単な小型カメラをおすすめます。頻繁に取り外さなければいけないようなら置時計タイプやモバイルバッテリータイプなど他のカムフラージュカメラをおすすめします。


実際に撮影した映像をカメラの内部の機能で明るくする機能なので、手ぶれや画質の低下は防ぐことが難しいです。ットの自然な表情や
仕草撮り。子供のいじめ対策。など多彩な使い方があります。腕時計型カメラは鮮明に映像記録できるので、セミナーや講義の内容を映像と音声で記録です。


隠しカメラとしてオフィスのデスク周りを監視できます。連続撮影時間は最大8時間です。不審者に気づかれることなく撮影できるでしょう。動体検知機能搭載で長時間の監視にも対応。手軽に入手できるようになりました。火災報知器型カメラの設置も簡単になってきています。




Posted by bouite at 20:06│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。